小倉 夢桜 Yume Ogura (@kyoto_lovers)

一年間に亘り、二十四節気と七十二候を和菓子でご紹介させていただきます。
題して、【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】と【シリーズ・七十二候を彩る和菓子たち】です。
日本の移ろう季節を京都の和菓子から感じていただければ幸いです。
ご協力いただきましたのは、180年以上の伝統と技を今に伝える老舗の和菓子店『長久堂』さんです。
ご紹介させていただくお菓子につきましては、通常販売は致しておりませんので、ご購入を希望の方はお店にお問い合わせください。 【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】
小寒/‪2018年1月5日~2018年2月2日‬。
これから寒さが更に厳しくなる頃です。

職人さん曰く、
『小寒とは、『寒の入り』といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃です。
小寒から節分までの三十日間のことを『寒の内』といいます。
寒が明けると立春となります。
外郎で石畳を表現しました。
高台寺(京都市東山区)の西側に通る石畳の道は、ねねの道と呼ばれる風情ある道です。
その石畳に雪が積もっている美しい景色を京菓子らしく表現しました。』 『高台寺(小寒)』
長久堂
‪京都市北区上賀茂畔勝町97-3‬
‪(075)712-4405‬
(ご購入の際はお問い合わせください。) #和菓子大好き
#和菓子好き
#和菓子が好き
#和菓子の季節感
#和菓子
#wagashi
#kyoto
#京都
#雪
#二十四節気

一年間に亘り、二十四節気と七十二候を和菓子でご紹介させていただきます。 題して、【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】と【シリーズ・七十二候を彩る和菓子たち】です。 日本の移ろう季節を京都の和菓子から感じていただければ幸いです。 ご協力いただきましたのは、180年以上の伝統と技を今に伝える老舗の和菓子店『長久堂』さんです。 ご紹介させていただくお菓子につきましては、通常販売は致しておりませんので、ご購入を希望の方はお店にお問い合わせください。 【シリーズ・二十四節気を彩る和菓子たち】 小寒/‪2018年1月5日~2018年2月2日‬。 これから寒さが更に厳しくなる頃です。 職人さん曰く、 『小寒とは、『寒の入り』といわれ、これから更に寒さが厳しくなる頃です。 小寒から節分までの三十日間のことを『寒の内』といいます。 寒が明けると立春となります。 外郎で石畳を表現しました。 高台寺(京都市東山区)の西側に通る石畳の道は、ねねの道と呼ばれる風情ある道です。 その石畳に雪が積もっている美しい景色を京菓子らしく表現しました。』 『高台寺(小寒)』 長久堂 ‪京都市北区上賀茂畔勝町97-3‬ ‪(075)712-4405‬ (ご購入の際はお問い合わせください。) #和菓子大好き #和菓子好き #和菓子が好き #和菓子の季節感 #和菓子 #wagashi #kyoto #京都 #雪 #二十四節気


Trending Hashtags


Likes (253)


Comments (0)